読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻雀の倫理

麻雀のグレーゾーンを考察

同卓者の心象

前置きの記事で『同卓者の心象』という言葉を使ってきました。

このブログで記事を書いていく上で重要なキーワードになると思うので、この言葉について書いておきます。

フリー麻雀にある程度以上馴染みのある方は直感的に理解できると思いますが、

読んで字のまま、あるプレイヤーの言動を同卓者がどう感じ取るかということですね。

 

例えば悪質な行為である三味線。

ゲーム中にゲームに関わる嘘や紛らわしい言動で周りに誤解を与えることを三味線と言いますが、

本人に誤解を与えるという意図(悪意)がなかったとしても、同卓者が誤解をしてしまえばアウトです。

あるプレイヤーが「しまったぁ」と言って牌を切りました。同卓者は何か失敗をし、あがりが遠ざかっていると感じ取るのは自然なことです。

ですがその巡目にそのプレイヤーがロンしました。同卓者は全員驚いていますが、本人曰く「前巡に切った牌を置いておけば三色がついていた」と主張しています。

けれどそんな事情は手を開けるまでは同卓者にはわかりません。

このようなケースも三味線に分類され、倫理的にはアウトだと思います。

 

例えば 発声 。

あるプレイヤーがロンをしたけど、同卓者はロンの発声が聞こえずそのままゲームを進行してしまった。

ロンをしたプレイヤーは「ロンと言った」と主張するかもしれませんが、同卓者に聞こえていなければ発声していないのと同じです。

これは心象と言えば語弊がありますが、同卓者を基準としてゲームを進行するべきという観点から見れば、ロンをしたプレイヤーの主張が通ることはないでしょう。

 

また、

リーチを受けている人が牌山から牌をツモり、「アカンアカン!………リーチ!」と言ってリーチしました。

僕が働いていた店では厳重注意でした。(局の結果によって注意の仕方や、注意するかしないかは判断してましたが)

その発言をした人の主観では、先のリーチの危険牌が溢れるテンパイをしたから「アカンアカン」なのですが、同卓者からすれば「いやテンパイして勝負するんでしょ?何がアカンの?」と受け取られることは普通です。

『ゲーム上誰もが過程として目指すテンパイに対して否定する言葉を用い矛盾を作ることで、同卓者を不快にさせる可能性がある』

ということでマナ悪行為としていました。

これも同卓者を基準として、同卓者の心象から考えれば倫理的にアウトと言っていいと思います。

僕が働いてた店にあったマナーに関わるおもしろいルールとして『テンパイ宣言』というものがあったのですが、それはまた別の機会に記事を設けて書きたいと思います。

 

挙げ始めればキリはありませんが、本人の意図と同卓者の印象が食い違うことは多々あります。このようなケースは同卓者の印象の方が、モラル上の正しさだと思います。

なので、この記事では「倫理的にアウトだと思います」という表現をしましたが、同卓者の印象と異なるプレイヤーの言動は、基本的にアウトと結論づけていきます。

自己紹介とスタンス

簡単に自己紹介をしておきます。

りょーちん といいます。

麻雀歴は2017年現在で10年強です。

でも麻雀のセンスはあまりありません。

3年半くらい個人の麻雀店で勤務した経験があります。

かなりいわゆるマナーに厳しいお店で、三味線になりそうなことなどは徹底的になくなるようお客さんにも協力をお願いしていました。

その経験によるのか、麻雀のマナーやモラルについては敏感になりました。

こういうことはよくない、これってどうしてダメなのか、

そんなことを考えている内に何が良くて何が悪いのかよくわからなくなりました。

このブログは、その混乱を整理するためと、いろんな意見を募り トラブルのない麻雀の指標がうまくいけばできれば良いなと思って作りました。

 

とはいえ、基本的には自己満足です。

これからいろんなテーマについて書いていこうと思いますが、そのスタンスだけ示しておきます。

⒈基本的にはテーマに対して答えを突きつけるのではなく、そのテーマのいろんな側面を挙げた上での問題提起が趣旨

⒉麻雀のルールと照らし合わせて、ルールと矛盾する問題については、その問題は誤りとして結論づける

⒊同卓者の心象を重要視して考える

はじめに

閲覧ありがとうございます。

このブログは、麻雀のゲーム上のモラルについて考えていくブログです。

麻雀はゲームの進行だけでも複雑でアナログです。

牌を取る場所を間違えてしまったり、発声のタイミングが微妙になってしまったりと、トラブルが付いて回ります。

もしそういったトラブルが起こったら、その場を監督する人に判断してもらわなければなりません。

ルールやゲームの進行に関することでしたら、監督者が判断してくれるでしょう。

しかし、論理的に判断しきれないグレーなことも麻雀では多々起こります。

それはプレイヤーのモラル(道徳・倫理観)に委ねられていることです。

例えば、牌山に積まれた牌を自分以外のある人がこぼしてしまいました。仮に五萬だったとしましょう。この時点でそこに五萬があることは共通の認識となります。その状況の中、以下の内モラルに反すると思うものはいくつありますか?

 

①その五萬が自分のツモ筋でなかった(ツモ筋かどうか特に確認せず)ので、五萬が一枚少ないことを塔子選択の参考にした

②その五萬が自分のツモ筋であることを確認し、場に安い色の両面を払い、嵌五萬を残した

③ソウズの混一をやっていると思っていた人にその五萬が入り手出しだったので、打ち切れなかったソウズを切った

④その五萬をツモる一巡前に待ち選択の無い二-五-八萬待ちでテンパイし即リーを打った

⑤その五萬をツモる数巡前にテンパイし、6面張と五萬単騎の選択で五萬単騎を選んでダマにし、その五萬をツモる一巡前にツモ切りリーチをした

 

人それぞれでモラルに反することに該当するものと数は違うと思います。

僕は②と⑤はダメだと感じる者です。

周りにバレるとかバレないの問題ではなく、露骨に自然ではない選択をしたから、というのがその理由です。

ですが、ここが微妙なところで、③だって本来切らないハズの牌を切っているという点では、自然ではない選択をしています。それを良しとする理由としては、そこに五萬があることを記憶し、その五萬の行方を観察した結果の判断なので、それも"雀力"の内であるという感覚です。

しかしそう言うなら、②と⑤だって雀力によって可能としたこととなるので、真っ当な選択とも言えます。

ただ、モラルという以上、論理的な妥当性だけでなく、「同卓者の心象」も考える上では無視できません………

 

………というように、対人ゲームである麻雀には、非常に微妙な要素が多数存在します。

上記のテーマは分類すれば『見せ牌』になりますが、これはまた見せ牌について記事として書く時に、別の状況や牌山以外の見せ牌のパターンも合わせて書きます。上の例であっても、牌をこぼしたのが自分だったとしたら、また話は変わってくるでしょう。

このような感じで、このブログでは麻雀で発生しうる道徳的なグレーゾーンを、論理的に倫理的な観点で考察していきます。